時が流れます

 生きていると様々なことがらが、向こうからやっては来て、気づいた時には通り過ぎ、あるいは音を立てて過ぎ去っていく。多くの教訓がある(かもしれない)。

 今から25年前、美空ひばりは「ああ 川の流れのように」と歌い上げた。彼女にとっての遺作だった。